自動車保険の基礎知識

自動車保険見積もりと任意保険の種類

自動車保険は損害保険の中で保険料ベースのシェアで約60%を占める、日常生活に最も密着した損害保険です。自動車保険には強制保険である自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と自賠責保険では保障しきれない部分をカバーする任意保険があります。

よく自賠責と言われている自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)ですが、自動車損害賠償保障法により自動車1台1台に対し加入が義務づけられた強制保険です。任意保険は任意で保険会社と契約する保険であり、自動車事故により他人を死傷させたり他人の物を壊したりしたときの賠償や、自分自身の損害(怪我、物)に対して保障されます。

万が一に備えて入っておくこととよい任意の自動車保険には大きくわけて4種類あります。自家用自動車総合保険では自家用車を対象にこれらの任意保険がワンセットになっています。自動車総合保険では自家用・営業用を問わず、車両保険以外の任意保険がセットになっています。自動車保険では任意保険をある程度自由に組み合わせることが出来ます。ドライバー保険は自動車を持っていない人が他人の自動車を借りて運転するときの保険です。

日々進化している自動車保険は、最近では付帯できる特約の種類が増えたり、外資系保険会社を中心に細分化したリスクに応じて保険料を細かく設定する自動車保険なども登場しています。消費者としては自己責任のもとで必要な保障を賢く選んでいきたいものです。

【関連リンク】

自動車保険の無料一括見積もりで徹底比較&評判や口コミ情報を収集して自分にあった保険選びをしましょう!自動車保険の見積もりを無料で行う会社がたくさんあります。いろいろな自動車保険を無料で比較してもらえたり、アドバイスを受けられる店も登場してきました。ネットでも複数の保険会社の無料一括見積もりができます。サービスや割引価格などを客観的に自分で他の保険と比較することがベストです。またネットで申し込みすると価格割引のあるアクサダイレクトなどの保険会社もありますよ♪

>>>自動車保険一括見積もり比較と評判情報ic_pikapika.gif

edit

cms agent template0039/0040 ver1.003